頸髄損傷への神経機能の回復とその可能性

頸髄損傷は首の脊髄損傷による重大な障害を引き起こし、運動機能や感覚に影響を与えます。再生医療の進展により、幹細胞治療が損傷した神経細胞の再生を促進し、脳梗塞やパーキンソン病などの神経変性疾患にも有効です。今回の記事では、早期介入によるリハビリテーションが回復を促進する点についても解説します。

脳梗塞の位置によるリハビリの違いと特性

脳梗塞の位置によるリハビリの違いと特性

脳梗塞が右大脳半球で起こるか、左大脳半球で起こるかによって、麻痺以外の症状に違いが生まれることがあります。例えば、右大脳半球の脳梗塞では、半側空間無視という症状が、左大脳半球の脳梗塞では、失語症という言語障害が起こりえます。この記事では、これらの右脳と左脳の脳梗塞の違いについて、リハビリの面からも詳しく解説します。